革製品whim 使う喜び、持つ喜び

分厚い工具ホルダー2018.01.26

こんにちは、whim_sです。

雪がすごいですね!

福崎は、積雪量は少なかったですが、晴れながら雪が舞っています。

寒い寒い。

 

先日、社長がオーダーの工具ホルダーを製作しました。

古い工具ホルダー

こちらが元の工具ホルダーです。

長年使用されたこちらと同じものを作って欲しいとの依頼でした。

#1糸

かなり分厚い革を縫うので糸は#1を使用します。

1番太い糸です。

普段は#8を使用することが多いです。

古いミシンで縫う

アドラー社製年代物のミシンです。

その構造から”蹴とばしミシン”と呼ばれているそうです。

針も28号とかなり太くて、ガッシャンガッシャン鳴りながら縫いを進めていきます。

厚さ1センチ程の重なり合った革でしたが、シッカリと縫えていました。

私は怖くて触れません。

工具ホルダー対比

この後カシメと最終仕上げをして、丈夫な工具ホルダーの出来上がりです。

革は姫路産のピットヌメ。長年ご愛用頂けると思います。

 

普段から使用している平ミシンではここまで厚い革は縫えませんが、このミシンを使ってがっしりした鞄を作ったらかっこいいかもしれませんね。

私は縫えませんが・・・・・・。

 


コメントは受け付けていません。

Top