whim

nのひとりごと~*芍薬*

こんにちは。whim_nです。

さわやかないいお天気が続き、梅雨が始まるまでの貴重な時期、、

新緑に癒されているこの頃です。

 

 

さて、我が家の庭は何にもない荒れ放題の庭なんですが

この時期芍薬の木が見事な花をつけてくれます。

実は芍薬は「木」ではなく、「草花」なんですね。

 

 

我が家の芍薬
我が家の芍薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは我が家の芍薬ですが、

つぼみは濃いピンク、花が開くと薄いピンク、大きく開くと白に近い色になります。

次々とつぼみが開き、ひとつの花が一気に散ってしまうところは

桜に似ていてこの花も潔さを感じさせてくれる気がします。

 

 

 

花言葉

芍薬の花言葉は「はじらい」「はにかみ」「謙虚」

華やかな見かけとは違う印象の花言葉ですが、これはイギリスの古い民話が由来だそうです。

恥ずかしがり屋の妖精が、ある日、芍薬に隠れたら、花も赤く染まったそうです。

なんともかわいい由来ですね。

 

花の色によって花言葉も変わります。

ピンク・・「はにかみ」

白・・「幸せな結婚」

赤・・「誠実」

 

 

 

ずばり!「」の色ですね!

ピンクは恋愛・しあわせ・思いやりなどのやさしいイメージをもつ色です。

恋に夢中の時や、幸せで充実している時、また愛や幸せを欲している時などにピンクが気になります。

また、ピンクは心と体を若返らせる効果があり(!)

心を満たし人を思いやるあたたかさを与えてくれる色だそうです。

 

 

 

ことわざ

芍薬の用いたことわざに有名なものがありますね。

「立てばしゃくやく、座ればぼたん、歩く姿はゆりの花」

これは美しい女性を例えたことわざですが、なぜこの花たちが選ばれたのでしょう。

 

 

芍薬は、すらりと伸びた茎の先に、華やかな花を咲かせます。

その姿が、背筋をピンと伸ばした美しい女性を想像させてくれます。

芍薬
芍薬

 

 

牡丹は花は芍薬と似ていますが、こちらは「木」なんです。

枝分かれした横向きの枝に花をつけるため、

まるで座っているかのように見えるところからきているようです。

牡丹
牡丹

 

 

百合はしなやかな茎の先にうつむき加減に花が咲きます。

風を受けて揺れる様子が、まるで女性が優雅に歩いているように見えますね。

百合
百合

 

 

 

また、開花の時期もリレーするかのように順番に咲いていきます。

 

    牡丹…4月末~5月初旬ごろ

    芍薬…5月中旬~6月ごろ

    百合…6月~8月ごろ

 

 

 

「立てばしゃくやく、座ればぼたん、歩く姿はゆりの花」

見た目だけでなく、内面の美が備わってにじみ出てくる美しさ。

そんな素敵な女性に少しでも近づきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

0