whim

Aのひとこま~コインケースは完成するのか?~

こんにちは、whim_aです。

 

今日はすごい雨ですね。

雨の日はなんだか眠いですが、そういえば我が家の愛犬も、

雨の日はよく寝ています。

その寝顔がまた可愛くて可愛くて…♡

 

さて!

今週の「Aのひとこま」は、先週に引き続き、

コインケースの試作について、お話をしようと思います。

 

先週の記事はこちら↓

Aのひとこま~ファスナーとボタン、どっちがいい?~

 

前回は、フェルトで形状を検討するところまでをお話ししましたが、

今回は、失敗と成功を繰り返した試作品の数々をご紹介したいと思います。

 

1回目の試作

フェルトで形を決めてから、革で製作した最初の試作品がこちら↓

コインケース試作1

 

どうでしょう?

なかなかの可愛い仕上がりになりました!

 

内側は、というと…

 

コインケース試作1裏

 

革の質感を活かして、裏地をつけずに仕上げてみたのですが、

…うーん。

悪くはないけど、なんだか物足りない。

 

写真では伝わりにくいですが、持った感じの頼りなさが気になります。

 

もっと厚みのある革を使用すれば、しっかりとしますが、

あまり革を厚くすると、このコロンとした可愛さがなくなってしまいそう。。。

 

なので、次は裏地をつけることにしました。

 

2回目の試作

1回目の改善点を踏まえて試作した2回目の試作品がこちら↓

コインケース試作2

※1回目と同じ写真ではありません。笑

 

外見の変化はほとんどありませんが、内側がこのようになりました。↓

 

コインケース2裏

1回目よりもきちんと感が出ています。

コロンとした見た目はキープしつつ、持ったときの頼りなさを解消できました!

 

でもよく見ると、微妙な点が…

裏地が大きすぎて、底に布が余ってしまいました。

 

それに、ファスナーの下、少しシワシワとなっています。

これはファスナーを貼った部分と貼っていない部分の厚みに差があるので、

段差が出てしまっているのです。

 

裏地の型紙を修正し、ファスナーの貼り方を少し変えて…

 

いざ、3回目の試作!

 

3回目の試作

3回目の試作品がこちら↓

コインケース試作3

※何度も言いますが、同じ写真ではありません。笑

 

内側はこちら↓

コインケース試作3裏

 

底の部分の生地のたるみがなくなり、とってもすっきりしました!

 

でも、やっぱりファスナーを貼り合わせた部分の段差が見えます。

内装がすっきりした分、余計にファスナーの段差が目立ってしまいました。

 

困ったので、社長に相談。

 

「内側に芯材を入れたら?」

 

なるほど、その手がありました!

 

「あと…裏地はもう少し長い方がいいかな」

 

え~!?小さくしたのに…

 

よくよく訊いてみると、

裏地が短いと、中に物を入れたときに裏地だけで物を支えることになり、

使っているうちに裏地の底面ばかりが擦れて、劣化が早まる可能性がある

とのこと。

 

じゃあ2回目のサイズでよかったかというと、そうでもなく、

2回目と3回目の間がベスト

ということで、ミリ単位の修正をすることに。

 

と、今週の「Aのひとこま」はここまで。

この続きは、また来週。

 

whim_aでした✋


コメントは受け付けていません。

0