whim

Aのひとこま~本革首輪の経年変化~

 

こんにちは、whim_aです。

 

今朝、いつものように手帳を開くと、

日付の下に黒丸のマーク●が。

今夜は“新月”なんですね。

 

普段何気なく手帳で見ていたマークですが、

「そもそもなぜ、手帳に“月の満ち欠け”が書いてあるんだろう?」

と疑問に思い調べてみると、

月の満ち欠けのリズムには、

新月~満月は、インプット期間

満月~新月は、アウトプット期間

という、特性があるそうで、

その特性に合わせて目標を立てると、

目標を達成しやすいのだそうです。

 

新月の日は「インプット期間のスタート」ということで、

何か新しいことにチャレンジしたり、

今までを振り返ってリセットしたりすると良いそうですよ。

 

私も今夜、何か目標を考えてみようと思います。

 

 

革の経年変化

さて、今週の「Aのひとこま」は、

以前の「Aのひとこま」でご紹介した、愛犬の首輪の

経年変化の様子をご覧いただこうと思います。

 

首輪を使い始めてから、約1か月。

なかなかいい味が出てきました。

 

首輪が完成した時の記事はこちら↓

Aのひとこま~本革首輪のメリットって?~

 

 

首輪の完成時

以前ご紹介した、完成直後の愛犬の首輪。

犬 首輪 本革全体的にマットな質感です。

 

皮膚の弱い愛犬に合うように、なるべく柔らかい牛革を使い、

コバ(革の断面)の処理にもこだわりましたが、

やはり丈夫でハリのあるヌメ革を使用しているので、

「少し硬いかも?本当に馴染むかな?」という不安も半分ありました。

 

 

首輪の経年変化(1か月後)

出来上がってからほぼ毎日、愛犬につけてもらって、

「かっこいい!」「似合ってる!」と、

ベタ褒めしていました(笑)

 

現在の首輪がこちら↓

犬 首輪 本革

全体的に柔らかくなってきました。

 

曲げようとしても跳ね返ってくるような、

パリっとハリのある感じだったのですが、

ギュッと引き締まった感じです。

 

引っ張っても全然伸びないのに、

曲げると、ぐにゃぐにゃ。

ひねっても、くねくね。

(表現が難しい💦)

 

丈夫さはそのままに、

柔らかく、動きに添いやすく、

まさに“馴染んできた”という感じです。

 

バックルに通す時も、最初より柔らかく通しやすくなりました。

犬 首輪

バックルの跡がついて、先端もツヤが出てきました。

 

製作時の端切れと見比べてみると、

首輪 経年変化 首輪 経年変化

表裏とも、色が濃くなっています。

特に裏面のヌメ革は、薄いピンクだったのが茶色っぽく変化してきました。

 

まだ1か月で、ここまでの経年変化。

これからも使用して、どんなふうになっていくのか楽しみです。

 

というわけで、今週の「Aのひとこま」はここまで。

whim_aでした✋


コメントは受け付けていません。

0