whim

高校野球~紫外線と私と革と~・夏季休業のお知らせ

夏の甲子園始まる

 

 

こんにちは、whim_hです。

オリンピックが感動の余韻を残しつつ閉会した後は、パラリンピックそして夏の甲子園、ですね。

 

私は高校野球を観るのが好きです。

それも各県代表校の集う甲子園よりも地方大会の方が親近感があって観ていて楽しい。

もちろん甲子園の内野席から外野を望む芝生の美しさは何度見ても感動します。

(上の写真はまん延防止措置法発令前に観戦に行った地方大会での「ほっともっとフィールド神戸」球場です。)

 

高校野球と言えば、汗と涙と泥そして白球・・・おっと、忘れてはならないのはグローブ。

そしてグローブと言えば、革。

 

革は皮膚、だからお手入れ

 

*年前、我が家の子どもが高校で野球をするので野球用品店へ硬式用のグローブを買いに行きました。

(中学では軟式野球だったのでグローブは軟式用。)

革の匂いのする店内でひとしきり悩んだ末に「これにする。」と決めたグローブ。

その時お店のおじさんに、グローブを買ったらお手入れ用のクリームも一緒に買うよう勧められました。

いくつかお勧めのクリーム一つ一つ説明を聞いていて、私はハッとしました。

革は元は皮。そして皮は皮膚。つまり革は皮膚と同じなのだと。

もちろん革は鞣しなどの加工がされているので全く同じというわけではありませんが、お手入れが必要なのは同じなのです。

革で出来ているグローブはさらに皮膚よりも状況は過酷です。

毎日直射日光にさらされ、地面に擦られ、石のように硬いボールをキャッチし、汗と涙とたまには雨にも濡れて・・・

放っていたら乾燥してカサカサのボロボロにひび割れてゴワゴワケバケバになってしまいます。

お顔と同じで、そうならないためには日々のお手入れはとても大切、という訳です。

 

「ほれ、このクリームなんかアンタのお母ちゃんが顔に塗ってるものより高価やで。」

おじさんが見せてくれたそのクリームは確かに私が使っている化粧品より高価でした。苦笑

 

 

息子は高校の3年間、勉強はしませんでしたがグローブのお手入れはちゃんとしていましたね。

歯ブラシで細かい所に詰まった土を落とし、汚れを拭き取った後クリームを擦り込んで空拭き。

紐替えのメンテナンスに出した時には「よく手入れがしてあって気持ちがいい。」と褒めて貰えるほどでした。

 

 

紫外線対策は必須

 

オールシーズン、野球観戦に紫外線対策は必須です。

日に当たるとすぐ黒く日焼けしてしまう私は、日焼け止めクリームを塗り、帽子を被り、サングラスをします。

日焼けはお肌のトラブル「シミ、シワ、乾燥、たるみ」などなどエイジングトラブルに直結するからです。

そして、その一番の原因は紫外線です。

あぁ、恐い恐い~~~恐ろしい。

紫外線対策とエイジングケアは女性はもちろん男性にも必要不可欠です。

 

では、皮膚と革は同じであると言うならば、革にとって紫外線は?

 

結論から言うと、革も同じく直射日光は避けた方が良いでしょう。

皮膚と同じように「日焼け」と、それに伴う色ムラや乾燥(ひび割れ)を起こしてしまうからです。

しかし、鞄や財布など日常的に使用しているものは、知らず知らずの内に日光にさらされて少しずつ日焼けをしている可能性があります。

ある日気が付くと乾燥によるひび割れが出来ていたり、表面と内側で全く色が変わってしまっていた・・・

というような悲しい事になってしまう事に。

そうなる前に、定期的なメンテナンスを施す事が必要です。

whimではオリジナルのメンテナンスクリーム「ヴォーチェ ミエーレ」の販売を致しております。

 

オリジナルクリーム VOCE MIELE(ヴォーチェ ミエーレ)

 

https://whim.co.jp/jetb/7457/

 

ここで簡単に「ヴォーチェ ミエーレ」を使ったお手入れ方法をご紹介致します。

 

柔らかい布やブラシで表面の汚れ、ホコリ等を除いた後、少量を布やスポンジにとり少しずつ全体に薄く塗り広げて下さい。

革に塗った後の布でついでにファスナーなどの金具も軽く拭いておくと錆びを防ぎ、滑りをよくする効果があります。

クリームを塗りこんだ後は、新たに乾いた布で全体的にやさしくカラ拭きましょう。

自然なつやが出て美しく仕上がります。

 

 

ところが、全く矛盾するのですが紫外線は「経年変化」ももたらしてくれる事を付け加えておきます。

使い込むうちに自然と色つやが濃くなりしっとりとしてくる「経年変化」は革製品を使う上での楽しみの一つでもありますが、鞄の持ち手などよく触れる部分だけが色濃くなってしまうのを避けたい場合は全体的に紫外線に当ててやるとよいそうです。

その場合直射日光は絶対に避けて下さいね。

炎天下で無防備な状態で日焼けを起こすのと同じ事ですので。

日の光の入る室内に置き、後は必ずクリームでケアをして下さい。

https://whim.co.jp/jetb/7529/

https://whim.co.jp/jetb/8518/

いつまでも健やかで美しい皮膚を保ちたいと考えるのと同じように、革も皮膚として捉えて丁寧にお手入れをする事が大切だという事に少しでも「お、そりゃそうだな。」と思って頂けると幸いです。

 

夏季休業のお知らせ

 

休業期間:8月13日(金曜日)~8月16日(月曜日)

 

8月17日(火曜日)より通常営業致します。

 

※休業中のお問い合わせはメールフォームよりお願い致します。

 (休み明けより順次ご連絡いたします)

 

 

 

 

私の顔ももっともっとエイジングケアしなければ・・・

いや、もう手遅れか?だって今とは真逆の日焼けが推奨されてる時代に生まれ育ったしな・・・

しかし、顔は経年変化とは言わんよなぁ・・・ただの劣化やんな・・・

と、悶々と考えるwhim_hでした。

 

 

蜜蝋2

 

 

 


SITE MAP

0