whim

Dの隠れ家~猪肉の美味しい食べ方って?~

こんにちは!whim_Dです。

東京などではまだまだ警戒が必要なようですが、自粛解除されたエリアでも油断しないようにしないといけませんね。

というわけで、この週末は密にならなく空気も籠らない”キャンプ場”へ解除後初めて行ってきました!

 

その前に。。。

新しいリュックのオプションパーツ

を、キャンプ前日に作成。

サイドバッグ

先週完成したMOLLEシステムリュックに取り付けられるよう、こちらもアミアミ仕様。

 

口はクルクル巻いてバックルでカッチャンするタイプにしてみました。

 

編み

1インチ幅のナイロンテープをMOLLEシステムに編み編みしていくとガッツリ固定出来ます。

 

結局深夜までかかってしまいましたが、、、なんとか完成!

 

 

サイド完成 フル

本体側面にガッチリ固定出来ました!

このサイドバックには、ポール・タープ・ペグ・ハンマーを入れます。

 

フル装備で出発準備OK!

 

 

 

 

翌日

 

 

爽やかな快晴!

 

 

キャンプ日和!!

 

 

行先は、隣町にある山奥の静かなキャンプ場。移動時間、約20分(笑)

 

 

カラッとしているので、日差しは強いが日陰が涼しくて気持ちいい!

木陰 陣地 場
ようやくキャンプ場デビュー出来たバッグ! 少しゴロゴロ出来たけど、新しい装備のお試しはここでおしまい!ブッシュクラフト的な遊びはまた今度までお預けです。 3人で行って、時間差でゲストが来る予定なので、メインはこちらの広いスペースで火を囲います!
もちろんソーシャルディスタンスで!

 

 

とりあえずペコペコペコリんなので軽く昼食です。

カレーパン マフィン 中華そば
カレーパン焼いたり エッグマフィンにクリームコロッケ挟んでみたり TVでやってた”カリカリ中華焼きそば”つくってみたり

 

このキャンプ場は以前から下見はしていたのですが、なかなか来る機会が無く、初めて利用したのは今年3月でした。

 

その時に素敵な出会いがありました。

 

”地元のおっちゃん”と!(笑)

のんびりキャンプを楽しんでいると、近寄って話しかけてくる”おっちゃん”

どうやらキャンプ場のすぐ近くに住んでいるらしく、ここの施設が出来る頃から関わっているらしい。

なんせフレンドリーなおっちゃんで、途中からは一緒に🍺を飲みながら地元ローカル情報を色々教えてくれました。

 

 

そして、

 

 

今回も、

 

 

やっぱりおっちゃん登場!

 

 

最近木彫りがマイブームになっていたので、刃物の話なんかをしていると、

おっちゃんは仕事柄刃物研ぎが得意らしく・・・

 

研ぎ

 

刃物研ぎ講座開始!(笑)

砥石に当てる角度、方向、力のかけ具合等、職人ならではのコツを教えてもらって勉強になりました!

 

そして、やっぱり一緒に飲む!

 

しばらくすると、

 

おっちゃん「猪肉食った事あるか?取ってったろ!」

 

猪肉

ボタン鍋なら食べた事は有ったけど、こんなワイルド状態は初めてかも!

鍋の準備もしてないので、塩コショウで焼こうかと薄切りにしていたら、

おっちゃん「もっと厚ぅ~に切らんかいな!」

というわけで、1センチ程の厚さに切り、ジュー!!!

 

焼く

 

ジューシーを通り越して、肉味の天然ガム!(笑)

噛めば噛むほど肉汁と肉の旨味が出てきます!

ワイルド~!!

思いがけずジビエを楽しめました!

 

猪肉の美味しい食べ方は?

後に調べたところ、脂身の多い猪肉は鍋や煮込みが合うそうで、焼くのは脂身の少ないところが良いようです!

まだ食べきれなかった猪肉が有るので、味噌で煮てみたいと思います!

 

 

一緒に行った友達は小さめのダッチオーブンを買って、シーズニングをしてきたそうで、

ダッチ

鶏を焼いてくれました!

肉厚パプリカとホクホクじゃがいも入り。

 

別の友達は仕事終わりに合流してくれ、差し入れ何がいい?と聞かれていたので、赤身!とだけ言っていたら、

まる

マルという、和牛の希少部位を持ってきてくれました!これも美味かった!

 

マル

ほぼ赤身の中に霜降りが綺麗に入っています。モモ肉の中ではトップレベルの旨味の詰まった部位です。

出典 長太屋

 

そして、遅くに来た友達とまた飲んで、夜はふけていきました。

 

焚火

 

おっちゃん、また遊びに行きます!

 

 

 

おまけ

 


コメントは受け付けていません。

0