whim

Dの隠れ家~ランタンのメンテナンスってどうやるの?~

こんにちは、whim_Dです。

梅雨らしい天気が続きますね。今日の雨は気温が上がらず過ごしやすいです。

 

土曜日に自宅のボウガシの剪定をしました。

去年まではノコギリと剪定ハサミでちまちまやっていたのですが、今回後輩にマキタの電動ノコギリを借りたところ、2~3時間で終了しました!

道具は大切ですね!

 

 

ランタンのメンテナンス

10数年前まで海外出張が多い仕事だったので、若造が生意気にローマの騎士デザインのクレジットカードを使用していました。

飛行機のチケットなんかを買うと結構ポイントが貯まったので、その特典でもらったランタンを今でも愛用しています。

 

コールマン ノーススター2000ランタン

ノーススター2000

ホワイトガソリンを使うタイプのランタンで、ド定番のモデルです。

丈夫で明るく良いモノですが、ほったらかしにすると…

 

 

 

錆び

錆びます(笑)

 

錆取りの薬品なんかも有りますが、今回は身近なものでなんとかやってみます。

 

重曹

 

100均の”重曹”と”クエン酸”に少量の水を混ぜてペースト状にします。

トップのネジのところに塗ってみると、

 

錆びとれ

シュワシュワ~っと一瞬で錆が取れました。

 

その他の錆も歯ブラシでゴシゴシ…

 

歯ブラシ

 

ゴムの台座は車の樹脂用クリーナー&保護剤が有ったのでゴシゴシ

 

ゴム

 

左がゴシゴシ後、右はゴシゴシ前。

新品の様になります。

 

ガラス部分は食器用中性洗剤で洗い、ボディは水拭き。

 

最後にマントルを取り付けて焼きます。

 

マントル

 

組み立てて完成!

 

完成

 

綺麗によみがえりました!

 

点灯

点灯チェックもOK!!

 

これでまた今シーズンも活躍してくれます。

 

安くて使い捨てしても良いような”モノ”が多い世の中ですが、作り手がこだわった”モノ”はメンテナンスや修理をしながら長く使えば使うほど”味”が出て来て、愛着も沸いてきますね。

 

 

修理&メンテナンスもお任せ下さい!

 

whimのHPトップページにも”After Care”への入口を設けています。

簡単な革のメンテナンス方法や当社オリジナルクリームのご案内をさせて頂いています。

 

また、店頭では革製品の修理も承っております。

簡単な修理(ボタン交換等)でしたら、お待ちいただければその場で可能な場合も有ります。

難しい修理は腕の良い修理業者と提携がございますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

おまけ

 

梅雨入り間もないある日、夕涼みがてら野外で晩酌をしました。

 

メスティン加熱

 

メスティンに水と網をセットして、固形燃料に着火。

 

メスティン完成

 

シャウエッセンと黒豚焼売を蒸してみました!

 

 

メスティンソーセージ

 

プリプリ濃厚になって美味い!!

 

と楽しんでいるところに来客。

 

 

 

 

 

メスティン客

 

蛍がやってきました!

 

 

 

メスティン蛍

 

以前は絶滅寸前でしたが、この辺りの水質が良くなったらしく、ここ数年ちらほら戻ってきてくれています。

 

この後、ホタルは草むらに返してあげて、残りのシャウエッセンと焼売を、美味くなった第三のビールで胃に流し幸せでした。


コメントは受け付けていません。

0