whim

Aのひとこま~パキラの剪定、どこを切る?~

この度の豪雨災害により、

犠牲になられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

まだ雨は続くそうです。くれぐれもお気をつけください。

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

 

 

こんにちは、whim_aです。

 

さて、今週の「Aのひとこま」は、

久々にパキラのお話です。

 

「Aのひとこま」初回で、パキラの剪定時期についてお話をしたのですが、

今回は、私がパキラのどの部分から剪定したのか、

剪定後、パキラはどうなったかについてのお話をしようと思います。

 

過去の記事はこちら↓

Aのひとこま~パキラの剪定時期っていつ?~

 

 

剪定前のパキラ

私がパキラの剪定をしたいと思ったのは、5月のこと。

 

悪くなった葉を切り落としていくうちに、

1本の茎がひょろひょろと伸びて、

なんだか頼りない感じになっていました。

 

パキラ剪定前

 

このように、必要以上に枝が間延びすることを

徒長(とちょう)というそうです。

 

剪定に適した時期は”5月~6月“ということで、

早速、切り戻しすることにしました。

 

切り戻しとは、伸びすぎた枝や茎を切り取って、株を短くし、植物の姿(樹形)を整えることをいいます。切り戻しの目的は3つです。

1. 株の大きさ・樹形を整える
2. 不要な枝を減らした分、新芽・実・花へ養分をまわして生長を促す
3. 風通しをよくして病害虫を予防する

 

 

パキラの剪定、どこを切る?

ところで、切り戻しすることを決めたのは良いものの、
どこを切ればいいんだろう?

 

パキラ剪定位置

 

①緑の部分?

②木化した部分?

③幹なんて切っていいの?

 

①で切っても、樹形が整わなさそうだし、

できれば③で切りたいけど、②の方が新芽が出やすいのかな??

 

うーん…

 

 

悩んだ末に、切った場所は…

 

パキラ剪定後幹

 

でした。

木の幹の部分を、ばっさり切りました。

 

本来は、成長点(茎や根の先端にあって、活発に分裂して新しい組織を作る部分)を見て、

その少し上を切ると良いそうですが、

“剪定時期が合っていれば、どこを切っても案外、新芽が出る”

と何かで見たので、一番切りたかった幹の部分で切りました。

 

(ちなみに剪定の時は、植物が病気にならないように

清潔な刃物を使ってくださいね。)

 

 

その後、新芽は出たのか?

剪定してから約2週間後、

これは「Aのひとこま」2回目でもお見せしましたが、

新芽らしきものが現れました。↓

 

パキラ新芽

 

 

あれからどうなったかというと、

 

 

6/11パキラ

 

“新芽らしきもの”ではなく、“新芽”です!

幹から剪定しても、ちゃんと新芽が伸びてきました。

 

次の日には、またさらに大きくなり、

 

6/12パキラ 6/12パキラ

 

その後も順調に、

 

6/16パキラ

6/22パキラ

6/28パキラ

 

剪定から約2か月で、立派に成長しました。

 

7/8パキラ

 

パキラの生命力、すごいですね。

これからも成長が楽しみです。

 

というわけで、今週の「Aのひとこま」はここまで。

whim_aでした✋

 

 


コメントは受け付けていません。

0