whim

工房大改造!~ビフォーアフター

こんにちは、whim_aです。

ご無沙汰してます。

 

先日のwhim_mさんのブログにもありましたが、

スタッフ全員で”あること“をしていて、

しばらくブログをお休みさせていただきました。

 

 

ブログをお休みしている間の個人的なニュースですが…

以前ご紹介した葉挿しのベゴニアが枯れてしまいました。

 

ベゴニアの記事はこちら↓

ベゴニアの葉挿しは成功したのか?

 

よかれと思って水をやったのが悪かったかな…

とっても残念でしたが、また気が向いたらチャレンジしようと思います。

 

 

さて、気を取り直して。

今回は、ブログや作業をストップし、スタッフ全員で約3週間かけて取り組んだ

あること“→「工房の模様替え」についてご紹介します!

 

裁断機など、フォークリフトでしか動かせないような大きな機械を移動したり、

ブログや画像編集などに使用するパソコンスペースを移動したりと、

大規模な模様替えになりました。

 

模様替え途中の様子は、また後日お話しするとして、

今回は模様替えのビフォーアフターを見比べながら、

工房の風景をご紹介します。

 

 

Before

一見不便ではなさそうですが、全体的に通路が狭く、

ミシン横の通路は特に、作業台が常に置いてあり通りづらい場所でした。

 

下準備に使う材料が点々と置いてあったり、

裁断スペースが、革の保管場所から離れていたりして、

作業工程と作業動線が合っていない部分がありました。

 

After

縫製スペースはミシンの並び順をグループ別に置きかえ、

壁際に一列に並んでいたのを、L字に並べて間隔を広げました。

 

ミシンの横に付けていた作業台も、収納場所を作り、

作業の時だけ台を出すようにして、通路を広くとれるようにしました。

 

ライトの位置は変わっていないのに、なんだか明るくなった感じもします。

 

ミシンと反対側の通路は、メイン通路として、

何枚もの革を台車に乗せて運べるくらいの広さを確保しました。

 

パソコンは作業スペースの一番奥に移動し、

企画開発スペースとして、新たな作業台も設置しました。

 

Before   After
 

 

革の収納棚と裁断機の間に挟まれていた、パソコンスペースは移動し、

革の漉き(革の床面を削いで薄くすること)を行う機械を集めました。

 

Before   After
 

金属パーツや、製作途中のものが雑然と置いてあった棚も整理し、

裁断機を置いて、革の保管場所からの動線を短くしました。

 

なんということでしょう!←笑

裁断機や漉き機があった場所に、大容量の壁面収納もできました。

ミシン用品や金属パーツなどの細かな部品、

作業スペースに点々と置いてあった材料も、この一か所にまとめることができました。

 

すっきりとした工房に生まれ変わり、気分一新、

作業がはかどりそうです。

 

whim_aでした✋


コメントは受け付けていません。

0