whim

ボストンバッグに変身トートバッグはどう作る?

初ボストンに変身トートバッグ製作

 

ボストン

今回、オーダーで初めて作ることになった形のボストンバッグ。

当社の定番パターンを使いつつ、変形の仕組みを色々と試行錯誤。

 

よく見る形でしたが、こんな複雑だとは思っていなかったので、とても勉強になりました。

ボストン持ち手

 

持ち手作成

まず、持ち手部分は強度を上げつつ、握りやすい大きさで手触りよく仕上げました。

一番肌にあたる部分なので、革を巻き込むことで触り心地も良くなるように製作。

 

 

ファスナー部作成

一番悩んで作ったのはファスナー部分です。

どうすれば使いやすい出し入れ口で綺麗なシルエットになるのか…とても難しい部分でした。

 

 

サイドボタン部分

ボタン位置も何度も見直し…

ボストンバックのボタンの位置。ズレると形もよくならない、ファスナーも開きづらい…

取り付け高さはすごく重要なんだなと形にしてわかりました。

 

 

完成!!

新しい形でありながら、強度やシルエットを保つ芯材の入れ方等も工夫し、満足いく形になりました(^^♪

 

 

 

コロンとしていて、可愛らしいシルエットが、、、

 

 

ボストン

ボタンを外すとトートバッグの形になり容量もさらにアップ!

二つの形を楽しめて、サイズも調節できる良い商品が出来て、納品時にはお客様に大変喜んで頂けました。

 

 

今回の製作を糧に、今後も大きさや形を変えてお洒落で機能性ある商品を作れるよう頑張りたいと思います。

全てヌメで作るボストンバッグなども製作していきたいですね。

whim_mでした。


SITE MAP

0